正しい方法で事前処理をしておく

レーザー脱毛を受けるに際し、クリニックからはムダ毛の処理をしておくように説明されます。これは毛が伸びた状態で施術を受けると、レーザーが過剰に反応して火傷の恐れがあるためです。また毛の根本まで熱が伝わらずに、脱毛効果が落ちてしまうという問題も出てきます。安全にしっかり脱毛効果を感じるために事前処理は必要なのですが、処理はカミソリで行うのが基本です。例えばムダ毛処理には毛抜きを使う人もいますが、毛抜きで処理をすると毛根まで抜ける事になります。そもそもレーザー脱毛は毛根にレーザーを照射して毛を生えにくくする施術法なので、肝心の毛根部を破壊しては照射出来なくなってしまいます。そのため事前処理は毛抜きではなくカミソリを使い、肌を傷つけないように丁寧に処理する事が大事です。

脱毛前も脱毛中も日焼けは避ける

脱毛前、脱毛中は日焼けはNGです。レーザー脱毛は黒い色やメラニンに反応させて毛母細胞を破壊していきますが、日焼けをするとメラニン色素が活性化され、シミやそばかす、色素沈着を起こす可能性が高くなります。また本来なら毛に集中する熱が肌のメラニンに反応し、火傷を起こすリスクも出てきます。日焼けは強烈な紫外線を浴びる事で赤みやヒリヒリ感を伴い、乾燥は肌荒れを起こします。 ただでさえ通常よりダメージを受けている状態の時に、レーザーを照射すると様々な肌トラブルが生じる事は予測出来ます。シミや火傷以外に照射時の痛みが強くなる、また日焼けした肌に合わせて出力レベルを調整する事になるため、十分な脱毛効果が得られないといった事にも繋がります。高い脱毛効果を実感するためにも、日焼け対策は万全に行っておかなければいけません。

レーザー脱毛を横浜で受けるなら、脱毛したい部位などをよく考えて各クリニックを比較して選ぶようにしましょう。